いぶき建築一級建築士事務所
089-994-5702
施工事例WORKS
ホーム 施工事例 空が見える三角屋根のお家

松山市久米

空が見える三角屋根のお家

空が見える三角屋根のお家

「黄色いポストのある家にしたい」
お客様の要望に合わせ、ポストが映えるようにシンプルな三角屋根の家を提案しました。アシメントリーな屋根と、重厚感ある木製の扉で、カントリーなかわいい雰囲気に仕上げています。
人通りの多い通路に囲まれた家ですが、高い位置に大窓を設けることで、空が見える解放感とプライバシーの確保を共存させることができました。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ2

    リビングでまず目に入るのは、南の吹き抜けにある大きな窓。南側の土地が開けているのを利用し、近隣の家が映り込まない絶妙な位置に設置しました。 昼は青空に雲が流れ、夜は優しく光る月が浮かぶ。 刻一刻と変わる空の様子をダイナミックに映しだし、リビングでのひと時を贅沢にしてくれます。 実はこの窓、上下に二分割しています。上の窓には家の屋根部分が少し見えているのですが、下の窓からは「空」のみを眺められるようデザインしました。大きな窓による解放感をそこなわず、空のみを切り取った窓も楽しめるようにというしかけです。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ4

    人気ブランドを導入したキッチンは、濃いグレーを基調にスタイリッシュな雰囲気に。外観のかわいさとギャップをつくることで、訪れた客人にちょっとした驚きと新鮮さを与えます。 もっとも生活感の出るキッチンを洗練された雰囲気に仕上げることで、かわいいだけでは単調になりがちな空間を引き締めました。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ5

    吹き抜け空間の下にはくつろぎのスペースを。西の壁に窓を切り取ることで、心地いい朝日が差し込む場所にしました。 早起きした日は窓辺に腰かけ、挽きたての豆が香るコーヒーを片手にブレイクファースト。そんなひと時をイメージして設計しています。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ6

    リビングの東側、少し囲まれた空間は和室スペースです。 畳の色は薄グレーのピンクをチョイスし、少しモダンさをプラスしました。リビング全体の床に使った濃いブラウンの木材とあいまって、優しいかわいさを引き立てます。 小上がりにする代わりに入り口の壁を少し低くし、リビング空間との区切をつくるようにしたのもポイントです。小さい扉をくぐって入る茶室をイメージしたもので、より和空間のおもむきを味わえるようにしました。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ7
  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ8

    書斎の中は、屋根裏のようにワクワクする空間をイメージしました。読書や趣味に集中できるよう、壁に囲まれた細長い部屋に仕上げています。 壁一面が棚になっていますので、書籍だけでなく趣味のものやお気に入りの飾りを多く置けるのも特長です。気分によってレイアウトを変えたり、少しずつ旅の思い出をコレクションしたり。 ご主人にとっての宝箱のような空間をつくり上げていけるようにとの思いをこめました。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ9

    書斎の中は、屋根裏のようにワクワクする空間をイメージしました。読書や趣味に集中できるよう、壁に囲まれた細長い部屋に仕上げています。 壁一面が棚になっていますので、書籍だけでなく趣味のものやお気に入りの飾りを多く置けるのも特長です。気分によってレイアウトを変えたり、少しずつ旅の思い出をコレクションしたり。 ご主人にとっての宝箱のような空間をつくり上げていけるようにとの思いをこめました。

  • 空が見える三角屋根のお家のイメージ10

    洗面台はガラリと雰囲気を変えて、濃いグレーでかわいい空間のアクセントにしています。鏡下に設置したレトロなタイルも、明るい色でなく暗いグリーンを選ぶことでモダンな雰囲気を崩さないように仕上げました。 かわいい空間ばかりでなく、スタイリッシュな空間もポイントでつくることで、シンプルでかわいいくという家全体のコンセプトを引き立てます。

いぶきの家づくりに少しでもご興味をお持ちいただいた方へ

お電話でのお問い合わせ

089-994-5702
PAGE TOP
1組ずつの完全予約制
くらしの無料相談会