いぶき建築一級建築士事務所
089-994-5702
いぶきブログIBUKI BLOG
ホームブログスタッフブログ掃除しやすい家はどんな家?掃除しやすい家づくりのポイントをご紹介!

掃除しやすい家はどんな家?掃除しやすい家づくりのポイントをご紹介!

「理想の家」の条件としてはどんなことが挙げられるでしょうか。
1つずつ挙げていくとキリがないくらいたくさんの条件が思い浮かぶかもしれません。
そうした条件の1つとして挙げられるのが「掃除がしやすいこと」です。
いくらおしゃれな住宅でも、掃除がしにくいせいで汚れがどんどん溜まったり、家事の手間が大幅に増えたりしていては理想の住宅とは呼べませんよね。
そこで今回は、掃除のしやすい家を実現するために押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

□掃除しやすい家の間取りのポイントは?

1.凹凸を少なくする
家の中に段差や凹凸が多いと、それだけ汚れが溜まりやすくなり、掃除の手間も増えてしまいます。
掃除の手間が増えると、そもそも掃除をすることが億劫になり、そのせいでさらに汚れが溜まりやすくなってしまいます。
凹凸が多いということは、「家をきれいにする」という面において、悪循環を生んでしまうのです。

2.コンセントの位置を考える
掃除機をかける上で「コンセントがどこにあるか」は思った以上に重要なポイントとなります。
コンセントの位置が悪いせいで掃除機が届かないとなると、掃除の効率が落ちてしまいます。
また、掃除のしやすさに限らず、快適な暮らしを送るためにはコンセントを適切な位置に配置することが重要になるため、いずれにしても注意するべきポイントだといえます。

3.動線を意識する
生活動線や家事動線は、生活のしやすさや家事の効率に影響することはもちろんですが、掃除のしやすさにも大きく影響します。
動線が良ければ掃除もスムーズになりますし、掃除道具の収納場所や取り出しやすさが良ければ掃除のしやすさもアップします。
掃除道具を収納しておく専用のスタンドやフックなどがあると、かなり掃除はしやすくなるでしょう。

 

□掃除しやすい家の内装のポイントは?

1.水や汚れに強い床材を選ぶ
キッチンや脱衣所などの水回りは、クッションフロアやフロアタイルといった水や汚れに強い床材がおすすめです。
こうした床材を選ぶことで、床に水が跳ねたり、調味料をこぼしたりしたときも、簡単に拭き取れるようになります。
そもそも汚れが付着しにくい上に、簡単に汚れを落とせるため、非常におすすめです。

2.掃除がしやすい水回り設備を選ぶ
水回りは特に掃除の手間がかかる部分であるため、内装においては最も掃除のしやすさにこだわるべき場所といえます。
例えばトイレは、フチなし形状の便座を選んだり、自動で汚れを落としてくれる機能が付いたものを選んだりすることで、掃除の手間を大幅に減らせます。

 

□まとめ

今回は、掃除のしやすい家を実現するためのポイントをご紹介しました。
掃除のしやすさは、家づくりにおいて意外と見落としがちなポイントの1つです。
見た目のきれいさはもちろん、生活の質にも関わってくる重要な部分であるため、家づくりを行う際には今回ご紹介したポイントをぜひ意識してみてくださいね。

posted at 2023.06.03

いぶきの家づくりに少しでもご興味をお持ちいただいた方へ

お電話でのお問い合わせ

089-994-5702
PAGE TOP
1組ずつの完全予約制
くらしの無料相談会